【勉強】久司道夫のマクロビオティック入門編〜その12(完)〜

【勉強】久司道夫のマクロビオティック入門編〜その12(完)〜

 

P143~〈第5章 マクロビオティックな生き方〉

 

・桜沢如一先生と出会う(P145~147)

久司さんは、大正15年(1926)生まれで、旧制山形高等学校から東京大学(当時・東京帝国大学)へと進み、政治学を学んだ。

この頃は既に太平洋戦争に入っており、何度も空襲を経験した。

そして昭和20年(1945)に学徒動員で軍隊に入れられ、そこで訓練を受けている時に終戦を迎えた。

東大に復学し、当時の法学部長で後に東大総長となられた南原繁先生や堀豊彦先生などの教えを受け、世界連邦という思想に共鳴する。

これは国家という枠組みを取り払い、各国家をちょうど州のようにし、全世界を一つの国にすることにより、国と国との争いをなくそうとう平和思想。

世界連邦について考え、そして学ぼうと様々な人に教えを請い、その中には当時の日本でキリスト教社会のリーダーだった賀川豊彦先生などもいた。

賀川先生は名古屋の貧民を救済する活動などをされており、世界連邦実現を推進するアメリカの民間団体「ユナイテッド・ワールド・フェデラリスト」とも直接繋がりのあった方で、

その功績は海外でも知られており、出身校であるアメリカのプリンストン大学には、その功績を称えて「賀川ロード」という道があるほど。

そして、久司さんがこのように教えを受けていた方々のお一人が、桜沢如一先生だった。

桜沢先生は当時、世界政府協会という組織をつくっておられ、その為に桜沢先生のもとを訪れた。

しかしお話を聞いていると、どうも世界連邦や世界政府というものとは無縁な内容ばかりで、そこに集まっている人達が話しているのは、食べ物のことについてばかりだった。

最初にお会いした時の会話

桜沢「君は今、どんなことをしているんだ」

久司「大学で世界連邦や世界平和について考えています」

桜沢「君、そのうちに必ず、食べ物の問題に行き着くよ」

当時の久司さんは、この言葉の意味がよく分からなかったそうだが、後になって、久司さんにとって重大な意味を持つようになる。

 

・伝統食と桜沢先生(P148~151)

日本の欧米化が始まったのは明治維新以来で、今から約130年ほど昔のことで、その間に欧米的な医学や栄養学の考え方が入り、それ以前の東洋的な医学や文化が排斥されていった。

欧米化によって、伝統的な生活のあり方も変わっていった。

昔は儒教や道教の思想が生活の中にも生きていたので、人のあり方も自然との調和を大切にすべきだという考え方だった。

しかし欧米の思想が入るようになってからは、人の生き方も単なる生活の技術という捉え方になり、便利さや効率だけを追うようになっていった。

そうした風潮に対して疑問を感じ、伝統的な東洋思想のよさを残さなければ、祖先を大切にし、近隣の人々を愛し、自然と調和を図りながら生活していくべきだ、

こう考える人も少数ながらおり、有名な文豪で軍医でもあった森鴎外などもその一人だった。

そうした中に、石塚左玄という人がおり、石塚先生は東洋古来の陰陽という思想に基づいて、近代の栄養学も取り入れながら、食について研究し、

陰陽のバランスということが大切だということから、主食としての穀物が重要だと考えた。

そして、心身の健康の為に玄米のご飯をすすめるようになった。

この石塚先生の弟子となったのが、桜沢先生だった。

桜沢先生は若い頃、肺結核にかかり苦しんでおり、最初は西洋医学に頼ったが治らなかった。

それで、たまたま石塚先生の本を読んだことから、その食事療法(玄米とみそ汁を中心にした粗食によって病を治すというもの)を実行してみると、見事に肺結核が治った。

桜沢先生は世の人の為に、これをもっと広げようと考え、石塚先生に弟子入りし、勉強した。

石塚先生のもとで勉強した後、桜沢先生はフランスへ渡る。

当時の桜沢先生はまだ若く、好奇心も強かったようで、西洋の知識も取り入れて食生活の体系をより深め、その一方で陰陽などの東洋思想をヨーロッパにも普及したいと考えた。

その為にかなりの努力をされた後、再び日本に戻り、石塚先生の跡を継ぐ形で「食養会」という組織を主宰された。

この食養会は戦前にはかなり盛んになったが、戦後になるとマッカーサーのGHQから睨まれ、公職追放になった。

それでも桜沢先生はめげず、東洋的な思想をもとに食生活の改善を通じて世界平和へと至る道を求め、世界政府協会を起こされた。

そこには、桜沢先生の思想に共鳴する若い人達が絶えず20、30名集まり、寄宿舎のような状態の場所で、学生達に講義をされていた。

この場所を別名「メイゾン・イグノラムス」(無智なるものの家)とも呼んでいた。

久司さんが桜沢先生のもとを訪れたのはそんな頃だった。

 

・世界連邦の夢を追ってアメリカへ(P151~153)

桜沢先生の世界観の中で、食物ということが大変重要な位置を占めているということが、訪ねていくうちにだんだんと分かってきた久司さんだったが、

なぜ食物が世界平和と繋がっていくのか、その頃にはまるで分からなかった。

それというのも、桜沢先生は久司さんと話す時、食べ物については一切触れず、カントやニーチェ、またはプラグマティズムなどの哲学やマルクス主義などの経済思想

といったものばかりについて議論するという具合だった為。

ただ「世界平和について考えると、必ず食べ物の問題に行き着く」という桜沢先生の言葉だけが、解けない疑問として頭に残っていた。

そんな頃、アメリカからノーマン・カズンズが来日した。

(世界連邦を実現しようとしているユナイテッド・ワールド・フェデラリストの副会長(後に会長へ)で、当時のアメリカを代表する知性と呼ばれた方)

彼は来日すると、広島の原爆の跡を訪れ、広島の孤児達をアメリカ人の精神養子にしようと計画を進める。

また、世界連邦実現の為に、日本でこの運動に関連する人達と会い、その中に賀川先生や桜沢先生もおり、久司さんとも会った。

その時にカズンズ氏が「アメリカで、若い世界連邦主義者達の会議がある。君はぜひ、出席すべきだ」と仰った。

当時の日本はGHQの占領下にあり、自由に海外渡航はできず、渡航費用を出そうにも日本のお金を海外へ持ち出すことさえ禁止だった。

ところがカズンズ氏が、パスポートやビザの発給など全ての手続きに関してアメリカ側から許可が下りるように手配してくださった。

久司さんは必死にあちこちにお願いして渡航費用を集め、カズンズ氏はそれをすぐにドルに変えて小切手にしてくれて、アメリカ大使館に推薦状を書いてくれて、すぐにビザが下りた。

こうして、世界連邦主義者の会議に参加する為にアメリカへの船に乗ることになった。(昭和24年(1949)の11月、23歳)

 

・「人間をよくする方法はわからない」(P154~158)

アメリカに渡っても、貧乏学生でお金がなく、ロサンゼルスで働いてお金を貯めてニューヨークへ行った。

働きながら勉強もし、カズンズ氏と会ったり、アメリカの生活事情を知ろうと、キリスト教の様々な宗派と接触を持ったりもした。

そのうち、当初の目的である世界政府について勉強する為に、コロンビア大学の大学院に入った。(東大では既に大学院にいたので、書類を出すだけで入れた)

そしてコロンビア大学の政治学の図書館で、世界政府に関係のある文献を集めた。

その中にはギリシャ時代のものもあり、マクロビオティックという言葉のもとになった「マクロバイオス」という言葉やその起源について知ったのもこの頃。

こうした文献の中で知ったのは、アメリカでは第一次世界大戦以後、毎年のように国会で「アメリカの外交方針は、ゆくゆくは世界連邦を建設することである」という決議がされていたこと。

そして世界連邦の憲法草案というものが全世界で60以上も出されていた。

その中で最も優れていると思ったのは、シカゴ大学の総長だったロバート・ハッチンスが中心になって提出したものだった。

こうした文献を検討するうちに、世界政府の建設というものがどれほど難しい問題を多く抱えているかが分かってきた。

まず、言語の違いという問題。

また、宗教の違い、教育の格差や経済の格差をどうするのか、それに国家体制の違いなど。

こうした問題を抱えて、世界連邦を建設する為の、自分なりの案をつくろうとしたが、そのうちにもっと根本的なことについて疑問が沸いてきた。

「核戦争を未然に防ぐためには強力な政府が必要だ。それは世界政府でなければならない。でも、世界政府をつくっても、本当に世界が平和になるんだろうか?

世界の国の間にある様々な違いを超えて世界政府をつくるには、かなり強引なことをしなければならない。

しかし、それは圧政ではないだろうか。あるいは、人間をシステムに縛りつけて、まるで機械のような存在として扱うことにならないだろうか」

このような疑問を持った久司さんは、本当に世界が平和で幸せになるには、単に世界政府をつくればいいということだけでは足りないと思うようになった。

世界政府というものは、その気になればつくれないわけではないが、世界の国々にある違いを無視して、強引にそんなものをつくってしまっても、人間性を損ねるだけだと気付いた。

世界中の人々が賛成する形で世界政府をつくらなければ、何の意味もない。

しかし、様々な違いを乗り越えるには、互いの違いを認め合う寛容さが必要。真に世界平和を望む心も必要。それには、世界中の人がすべての人を愛するようにならなければならない。

つまり、世界を平和にする為には、世界中の人の人間性をよくしなければ不可能。

そう気付いた久司さんは、世界連邦をつくろうと提案していた人々から教えを受けようと考え、あらゆる人達を尋ねていった。(直接会えない方には手紙を書いた)

世界政府に賛同していた人々の中には著名な方が大勢いらっしゃり、

相対性理論を発表し、20世紀最高の物理学者と言われたアインシュタイン博士

世界の文学史に残る小説家トーマス・マン、当代最高の核物理学者オッペンハイマー博士

この他、前述したロバート・ハッチン氏やノーマン・カズンズ氏など。

しかし、時代を代表する錚々たる人達のおっしゃった答えは、表現の仕方に違いはあるものの、意味するところは同じだった。

「有史以来、人間性をよくしようと様々なことがおこなわれたきた。でも、歴史が始まってから現在まで、人間性が少しでもよくなっているとは思えない。人間性をよくする方法は、私にはわからない」

世界の知性と呼ばれる人達にも、どうすれば人間性がよくなるのか分からなかった。

これは、賀川先生や桜沢先生でさえも同じで、「結局、自分で見つけるほかない」と思い、それまでと全く違ったことを始めることになった。

 

・人に変えられるのは食事だけ(P159~164)

大学の教育を全部投げ出し、来る日も来る日もニューヨークの街へと出て行き、五番街やタイムズスクエアなどの街角で、行き過ぎる何千人とも何万人ともしれない人を眺め始めた。

そして、過ぎ行く人を眺めるうちに湧いてくる尽きることのない疑問について考え続けた。

人間とは一体何だろう。

人には五本の指があるけれど、なぜ五本なんだろう。

なぜ、あの人は黒い髪なのに、こちらの人はブロンドなんだろう。

なぜ、あの人は背が高いんだろう。なぜ、あの人は背が低いんだろう。

人間にはどうして心があるんだろう。

なぜ、不平や恨み、怒りなんかがあるんだろう。

なぜ、偏見や疑いなんてあるんだろう。

人間はどうして病気になるんだろう。

どうして死ぬんだろう。

際限がない、人についての問い…しかしこうした疑問に、近代教育は何一つ答えてはいなかった。

久司さんの大先輩である科学者や思想家が「もう先生もなければ本もない」と答えてくれたが、まさにその通りだった。

こうした問いの答えは自分で見つけるしかないと、人間観察を2ヶ月半に渡って続けた。

そしてようやく分かったことがあった。

第一は、人間は環境によってつくられるということ。

人は自然環境の中に出現したもので、様々な環境の影響によって各々が今のような人として生きているということ。

この自然環境というのは、太陽や地球といった宇宙的な環境条件もあるし、四季のめぐりや湿度や温度という問題もあり、また、人工の環境もある。

家族、学校、村や町、国という社会のあり方によっても、人間関係の変化によっても影響を受ける。

その上、こうした人工の環境は時代によっても違い、現在の環境と100年前の環境では異なっているので、100年前の人と現在の人では違いがある。

また、情報なども人工の環境で、文化や文明などのあり方によって、人が受け取る情報は変わり、それによっても影響を受ける。

自然の環境や人工の環境によって人間がつくられていくのは、人がそうしたものを取り入れているから。

太陽光線を浴び、水を飲み、空気を吸い、温度や湿度を感じ、自然のつくったものや、それを加工したものを食べ、また、人と言葉を交わしたり、色々なものを見たりして情報を受け取る。

このようにして環境から受け取ったものによって人がつくられていくのなら、人の性質をよくしようとするには、何を受け取るのか選択することによって行うことになる。

それにはまず、選択の自由がなければ不可能なわけで、環境の中で、人が受け取る選択をできるものには何があるのかと考えると、ほとんどのものは変えられないと分かる。

宇宙や自然の環境は個人に変えられるものではなく、社会環境もほとんどがそうです。

情報を発信するのは他人ですから、それを止めることはできないし、それを受け取らないで暮らすということは、人と一切付き合わないということになり、それでは事実上、生きていけない。

自分自身では何も変えられないのだとすると、人はただ運命に従って生きるしかなく、自分をよくすることはできないということになるが、

たった一つ、人が生きる上で自由選択しているものがあることに気付いた。

それは食べ物。

人は生まれてから、赤ちゃんのうちはお母さんが与えてくれるものを食べているが、3~4歳になって物心がつくと、もう食べ物を選び始める。

食べ物を選ぶことは、人生を通じてずっと続いていく。

人に個人差が生まれる原因はここにある、と気付いた。

違いは全て食べ物から出てきている、このように言うと「遺伝によっても個人差は出る」と反論される方もいますが、遺伝子だって、食べ物の問題と無関係ではない。

例えば、両親が食べるものが子供に影響を与える。

そして、両親の食べ物選択は、そのまた両親である祖父母から影響を受けているので、先祖代々の食の傾向が長い間に渡って蓄積されていく。

その結果の一つが、遺伝子という形で現れる。

代々の環境や食べ物によって、人や動物の遺伝的な形質が選択されるというのは、生物学も認めるところ。

人は環境から受け取るものによってつくられるが、人が受け取るもののうち、本当に自由な選択をできるものは食べ物だけ。

つまり、人がよくなろうとして変えられるのは、食べ物だけなのです。

このことに気付いた時、かつて桜沢先生に言われた「世界平和について考えていると、必ず食べ物の問題に行き着くよ」という言葉に思い至り、ようやくその意味を理解した。

この時から食についての研究を始めた。

 

・いわゆるクシマクロビオティックの創始(P164~166)

桜沢先生が与えてくださった示唆の意味をようやく理解したが、日本にいる時には先生から食のことについて何も教わっていなかった。

なので、ここでも自分で研究するしかなく、勉強しなければならないことは膨大にあった。

まず、各国の食生活を調べる必要があり、イタリア、フランス、ドイツなど西洋の食生活から東洋のものまで調べた。

そしてそれがどのような病気に関連しているのか、どれが健康になるのに適しているのか、また、食生活と各国の人々の気質との関連など。

さらには、食について歴史を遡って研究する必要もあった。

例えば、黄熱病や黒死病などの流行した病気、こうしたものがどの食べ物と関係しているのかなど。

歴史を遡るということでは、太古の人がどういった食生活をしていたのかも知る必要があり、その頃にはどういった環境と気候だったのかなどについても調べていった。

こうして、人類の食の歴史と、それが人に対してどのような影響を与えていたのかを知るようになった。

古今東西の食と人の健康や文化との関連について研究していく目的の一つが、理想的な食の標準というものをつくることだった。

人をよくする根幹に食べ物があるのなら、人類が健康になり、平和な心を持つような食生活についての基本をつくらなければ、食によって平和へと近づくということはできない。

このような基本を求めて研究するうちに、現在の欧米型の食事は間違っていると確信し、日本の伝統食の考え方が理想に近いと思うようになった。

こうして、日本の伝統食をベースに試行錯誤しながら辿り着いたのが、久司さん流のマクロビオティックであり、その標準食だった。

 

・アメリカ社会に広まっていくまで(P167~171)

現在のアメリカではマクロビオティックが広まっており、実践している人は300万人にのぼり、時々取り入れている人を含めれば1000万人を超えるでしょう。

現在では、豆腐や味噌などの日本の伝統食で欠かせない食材も、全米のスーパーで手軽に買え、無農薬有機農法の野菜を扱う店も全米に広がっている。

軽食やコーヒーの大手チェーンでも、マクロビオティックの考え方に沿ったメニューを選べるようにしているところが普通になっている。

このように、今のアメリカでは久司さんが提唱しているマクロビオティックへの理解が定着し、社会に認められているが、最初のうちはなかなか理解してもらえなかった。

自分流のマクロビオティックに辿り着いた1950年代から60年代の半ばまでは、この考えに興味を示して実践してくれたのは、アメリカのヒッピー達だった。

マクロビオティックの考え方を教え、料理の講習などをし、彼らはこれを実践しようとしてくれたが、困ったことに当時のアメリカには豆腐も味噌もつくっている所がほとんど無かった。

仕方なく、こうした食材を自分達でつくり、彼らにもつくり方を教えていった。

彼らはマクロビオティックを実践し、そのよさを感じて、少しずつ広めていった。

さらに彼らは自分達で豆腐や味噌をつくる会社を興し、それが大きくなっていき、今では全米で手軽に手に入るようになった。

穀物なども同様で、最初は麦や米を無農薬でつくるところなどなく、農家と話して、無農薬でつくるようにしてもらった。

野菜もそうで、アメリカには大根などほとんどなく、日系の人達が自分達で食べる分を細々とつくっている程度だった。

なので、日本から大根の種を取り寄せ、ヒッピーの生徒達に配って育てさせ、大根は素晴らしい野菜だと教えて、全米に広まっていった。

ごぼうの場合は、日本から取り寄せようにも高くてできなかったが、アメリカには野生のごぼうがたくさんあった。

大きな街の郊外に行くと、どこへ行っても生えていたが、誰も食べていなかった。

大根同様、美味しい料理になることを教えると、これも広まっていった。

このようにして、最初の生徒だったヒッピー達から始まり、久司さんの食事の考え方や食材がだんだんとアメリカに広まっていった。

それで最初のうちは、学者達が疑いの目でその効果を調べ始めたが、彼らにとっては意外な、大変に健康によいという結果が出てきた。

こうして、1977年に全米の食事目標としてクシマクロビオティックが取り上げられるようになった。

久司さんが提唱するマクロビオティックはこうして広まったが、その為に少し困ったことも起きた。

現在、「マクロビオティック」と称するものはいくつかあるが、久司さんのものはあくまでも、欧米の多くの知識人が言うように「クシマクロビオティック」であり、他のものとは若干違うもの。

石塚左玄先生の考え方を勉強しましたし、その影響も受けているが、やはり自分でつくっていったもの。

桜沢先生には貴重な示唆を与えて頂いたが、食についての実際の教えは受けていない。

桜沢先生の考え方の原理を受け継いでいるので同じ部分もあるが、実際の具体的な考え方や方法は、違う点が多々ある。

なので、無用の混乱や迷惑をかける人が出ないようにする為、あえて「クシマクロビオティック」という名称を現段階では否定しようとはしていない。

 

・第5章のまとめ(P172)

  日本の伝統的な生活が欧米化したのは、明治維新からです。

  石塚左玄や桜沢如一など少数の先覚者が、日本の伝統食に注目しました。

  世界平和は、人間性をよくしなければ実現しません。

  20世紀を代表する賢者たちにも、人間性をよくする方法はわかりませんでした。

  自分の人間性を改善するのに、人が変えられるのは食事だけです。

  古今東西の食生活を比較すると、最も優れているのは日本の伝統食です。

  クシマクロビオティックは、草の根的な活動によりアメリカで自然に広まりました。

  豆腐などの日本食や自然食品は、マクロビオティックによりアメリカで普及しました。

  食生活を改善して健康と美を回復することは、社会をよくすることにつながります。

                         (久司 2004)

“【勉強】久司道夫のマクロビオティック入門編〜その12(完)〜” への85件の返信

  1. With havin so much content do you ever run into any problems of plagorism or
    copyright violation? My blog has a lot of completely unique content
    I’ve either written myself or outsourced but it appears a lot of it
    is popping it up all over the internet without my permission. Do you
    know any solutions to help prevent content from being ripped off?
    I’d genuinely appreciate it.

  2. Today, I went to the beach front with my kids. I found a sea shell
    and gave it to my 4 year old daughter and said “You can hear the ocean if you put this to your ear.” She placed the shell to her
    ear and screamed. There was a hermit crab inside and it pinched her ear.
    She never wants to go back! LoL I know this is completely off topic but I had to tell
    someone!

  3. Greetings! I’ve been reading your blog for some time now and finally got the courage to go ahead and give you a shout out from New Caney Texas!
    Just wanted to say keep up the good job!

  4. Howdy are using WordPress for your blog platform?
    I’m new to the blog world but I’m trying to get started and set up
    my own. Do you need any coding knowledge to make your own blog?
    Any help would be really appreciated!

  5. I blog quite often and I truly appreciate your information. This great article has really peaked my interest.
    I’m going to bookmark your website and keep checking for new information about once per week.

    I opted in for your RSS feed as well.

  6. With havin so much written content do you ever run into any problems of plagorism or copyright violation?
    My website has a lot of exclusive content I’ve either created
    myself or outsourced but it seems a lot of
    it is popping it up all over the web without my authorization. Do
    you know any solutions to help prevent content from being ripped off?

    I’d certainly appreciate it.

  7. This is the perfect webpage for anyone who hopes to find out about this topic.
    You realize so much its almost hard to argue with you
    (not that I actually will need to…HaHa). You certainly
    put a brand new spin on a subject that’s been discussed for decades.
    Great stuff, just excellent!

  8. I would like to thank you for the efforts you’ve put in penning this website.
    I really hope to check out the same high-grade content by
    you later on as well. In truth, your creative writing abilities has inspired me to get my own, personal site now 😉

  9. Hey there would you mind letting me know which web host you’re working with?
    I’ve loaded your blog in 3 completely different internet browsers and I must say this
    blog loads a lot quicker then most. Can you recommend a good web hosting provider at a honest price?

    Cheers, I appreciate it!

  10. I would like to thank you for the efforts you have put
    in penning this website. I really hope to view the same high-grade blog posts from you later on as
    well. In truth, your creative writing abilities
    has encouraged me to get my own, personal website now 😉

  11. Admiring the persistence you put into your website and detailed information you provide.
    It’s awesome to come across a blog every once in a while that isn’t the
    same outdated rehashed information. Excellent read!
    I’ve saved your site and I’m including your RSS feeds to my Google account.

  12. Undeniably imagine that that you said. Your favourite reason seemed to
    be at the net the simplest thing to bear in mind of.
    I say to you, I definitely get irked whilst folks think about concerns that they just don’t realize about.
    You managed to hit the nail upon the top as neatly as defined out the
    whole thing with no need side effect , other folks could take a signal.
    Will probably be again to get more. Thank you

  13. Hey this is kind of of off topic but I was wanting to know if blogs use WYSIWYG
    editors or if you have to manually code
    with HTML. I’m starting a blog soon but have no coding expertise so I wanted to get advice from someone with experience.
    Any help would be enormously appreciated!

  14. Woah! I’m really loving the template/theme of this website.
    It’s simple, yet effective. A lot of times it’s tough to
    get that “perfect balance” between superb usability and visual appeal.

    I must say you have done a awesome job with this.
    In addition, the blog loads very fast for me on Internet explorer.
    Outstanding Blog!

  15. Hi outstanding website! Does running a blog like this take a massive amount work?
    I have very little knowledge of computer programming however
    I was hoping to start my own blog in the near future. Anyhow, if you have any suggestions or tips
    for new blog owners please share. I know this is off
    topic however I simply wanted to ask. Many thanks!
    adreamoftrains best web hosting 2020

  16. Nice post. I was checking constantly this blog and I am
    impressed! Extremely helpful information particularly the last
    part 🙂 I care for such information a lot. I was
    looking for this particular info for a very long time. Thank you and best of
    luck.

  17. Greetings from Los angeles! I’m bored to tears at work so I decided to browse
    your website on my iphone during lunch break. I enjoy the info you present here and
    can’t wait to take a look when I get home. I’m shocked at how fast
    your blog loaded on my mobile .. I’m not even using WIFI,
    just 3G .. Anyways, wonderful blog!

  18. you’re in reality a excellent webmaster. The website loading speed
    is incredible. It kind of feels that you’re doing any distinctive trick.

    In addition, The contents are masterwork. you have done a fantastic activity in this topic!

  19. Today, while I was at work, my cousin stole my
    apple ipad and tested to see if it can survive a
    twenty five foot drop, just so she can be a youtube sensation. My iPad
    is now destroyed and she has 83 views. I know this is totally off topic but I had to share it with someone!

  20. Thanks for one’s marvelous posting! I certainly enjoyed reading
    it, you’re a great author.I will make certain to bookmark your blog and definitely
    will come back in the future. I want to encourage you to ultimately continue your great posts, have
    a nice evening!

  21. Hmm it seems like your blog ate my first comment (it was
    extremely long) so I guess I’ll just sum it up what I had
    written and say, I’m thoroughly enjoying your blog.
    I too am an aspiring blog blogger but I’m still new to
    the whole thing. Do you have any points for beginner blog writers?

    I’d really appreciate it.

  22. You actually make it seem so easy with your presentation but
    I find this matter to be actually something which I think I would never understand.
    It seems too complicated and extremely broad for me.
    I am looking forward for your next post, I’ll try to get
    the hang of it!

  23. Today, I went to the beach front with my children. I found a sea shell and
    gave it to my 4 year old daughter and said “You can hear the ocean if you put this to your ear.” She placed the shell to her ear and screamed.
    There was a hermit crab inside and it pinched her ear.
    She never wants to go back! LoL I know this is entirely off
    topic but I had to tell someone!

  24. Hey there! Quick question that’s completely off topic.
    Do you know how to make your site mobile friendly?
    My web site looks weird when browsing from my iphone 4.
    I’m trying to find a template or plugin that might be able to fix
    this issue. If you have any suggestions, please share.

    Cheers! cheap flights 3gqLYTc

  25. I don’t even know how I ended up here, but I thought this post
    was good. I don’t know who you are but certainly you’re going to
    a famous blogger if you aren’t already 😉 Cheers!
    cheap flights 32hvAj4

  26. Woah! I’m really enjoying the template/theme
    of this blog. It’s simple, yet effective. A lot of times it’s very hard to get that “perfect balance” between user friendliness and visual appeal.

    I must say you have done a great job with this. In addition, the blog loads
    very fast for me on Chrome. Outstanding Blog!

  27. Howdy! I could have sworn I’ve visited this web site
    before but after browsing through a few of the posts I realized it’s new to me.
    Nonetheless, I’m certainly delighted I found it and I’ll be book-marking it and checking back often!

  28. Yesterday, while I was at work, my cousin stole
    my apple ipad and tested to see if it can survive a 30 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My apple
    ipad is now destroyed and she has 83 views. I know this is entirely off topic but I had to share it with someone!

  29. Pretty section of content. I just stumbled upon your site and in accession capital to assert that I acquire
    in fact enjoyed account your blog posts. Anyway I’ll be subscribing
    to your feeds and even I achievement you access consistently rapidly.

  30. An interesting discussion is worth comment.

    I think that you ought to publish more about this subject matter, it might not
    be a taboo subject but typically folks don’t talk about such topics.
    To the next! Kind regards!!

  31. Great post. I was checking constantly this blog and I am inspired!
    Very useful info specifically the ultimate section :
    ) I deal with such info a lot. I was looking for this certain information for a long time.
    Thank you and best of luck.

  32. Hey! I know this is kinda off topic but I was wondering which blog platform are you using
    for this website? I’m getting sick and tired of WordPress because I’ve
    had problems with hackers and I’m looking at options for another platform.
    I would be great if you could point me in the direction of a good platform.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。